電話番号
お電話でのご注文はこちら
1万円以上のお買い上げで 送料無料!
キムチとダイエットの関係?!
キムチのおはなし
★キムチパワー!!★
その1-A
キムチに不可欠なトウガラシとニンニクは
深部脂肪を減らしダイエットと成人病予防に効果
高度成長による日本の豊かさは、人間の食生活に大きな変化をもたらし、それにともなってさまざまな副作用も生み出してきた。近年、成人病にかかる年齢が、ますます低年齢化しているのはその最たるものといえよう。
 
〜〜脂肪は動脈硬化、心臓病、肝硬変をもたらす〜〜
この発症の原因の一つが体脂肪、深部脂肪の蓄積である。特に、深部脂肪内臓の周辺につく脂肪で、増えすぎると脂質の体内処理に支障をきたし、動脈硬化を引き起こしたり高血圧心臓病を招く。また脂肪肝や肝硬変の原因にもなる。
キムチに不可欠のトウガラシの辛味の成分であるカプサイシンは、体脂肪、深部脂肪を減らすのに大きな効用があり、女性の最も関心のあるダイエットに効くばかりか、成人病も予防してくれる。
ダイエットと切り離せない関係にある脂肪と食生活に関して、ある日本の大学の健康科学センターの研究グループが最近、日韓の女子大生108人を対象に面白い比較研究を行った。
〜〜韓国女子大生の方が、多く食べても日本人より脂肪少ない〜〜
全員の体格を測定したところ、手の長さ、首まわり、腕の太さは韓国の女子大生の方が大きかったが、身長に対する体重、胸囲、座高の比率、体表面積などほとんど同じだった。
また皮下脂肪の厚さやその分布も大きな差は無かった。
ところが、一日の摂取栄養素量は韓国の方が高い数値にもかかわらず、体脂肪総量、体脂肪比率はすべて日本の女子大生の方が、明らかに大きな数値を示した。これは、韓国の女子大生のほうがたくさん食べているのに、日本の女子大生より体の脂肪量が少ないことを示すものだ。
韓国の女子大生の方がたくさん食べても、体格や皮下脂肪の厚さは同じなのに、なぜ日本の女子大生の方が体脂肪総量、深部脂肪量、体脂肪率は大きな数値を示すのか。
同研究グループは、そこで常的な食生活に注目した。

双方に決定的に異なったものは、トウガラシとニンニクの摂取量だった。韓国の女子大生は一日当たりトウガラシを平均3.6グラム摂取しているのに対して、日本の女子大生はトウガラシもニンニクもまったくとっていなかった。このことから、韓国の女子大生が日常的にトウガラシとニンニクを摂取していることが、体脂肪総量、とくに深部脂肪が日本の女子大生よりも少ない、重要な原因の一つであることが分かる。
昨今テレビでやはり日韓の女子大生を対象にトウガラシの成分であるカプサイシンダイエット効果をみる実験結果が報道されたことは記憶に新しい。
キムチギャラリートップ会社概要プライバシーポリシーお支払方法について配達について初めての方へ特定商取引法に基づく表示お問合せ
Copyright(C) 2017 kimuchigallery All Rights Reserved.