電話番号
お電話でのご注文はこちら
1万円以上のお買い上げで 送料無料!
ニンニクのルーツ
 
★ニンニク多食の文化★
「ニンニクのルーツ」
ニンニク 朝鮮半島を代表する食品材料から、ニンニクをはずす事はできない。
それほど民族の食生活にニンニクは深くかかわっている。
日本では朝鮮・韓国料理はニンニクとトウガラシを使うのが、その特徴だと受け取られる事が多い。
このような考え方があたっているかは別として、伝統的な和式料理と比較した場合、朝鮮・韓国料理にはニンニクが多用され、日本の和式料理にはほとんど使われないのは真実だった。
〜〜エジプト、ギリシャの食用が記録上最古〜〜
 近年、日本でもニンニクは盛んに利用されるようになり、健康食品の一つとしておおいに注目され、消費量が伸びている。ようやく日本も消費国になりつつある。
もちろん世界の料理では、すでにニンニクは香辛料、食品として欠かす事のできないものとなっている。
 
  ニンニクのルーツについては諸説が有る。
[『栽培植物と農耕の起源』(中尾佐助、岩波書房)]
  元来、栽培植物の原産地がどこであるかを決めるには、それに良く似た近縁の野生種を探索し、それらが多く見つかった所を、その栽培植物の原産地とする。
ところがニンニクは、現在食用されている栽培種のほかに、類似している野生種が見つかっていないのである。
  旧ソ連時代に有名な遺伝学研究者、バビロフは国家的事業として、あらゆる栽培植物の品種、遺伝子を集める仕事をした。多くの源種が見つかり、世界の栽培植物の起源研究に大いに貢献した。
  ところがどこの研究調査でも、ニンニクの野生原種は発見されずに終わる。その結果、バビロフは推定として、中央アジア付近がその原産地ではないかと主張した。
  これはあくまで推論で、その後に別な説も出される。ニンニクはあまり寒いところでは栽培できないこと、記録として最も早く食されたのが、エジプト、ギリシャなどの地中海性気候の温暖な地方である事から、このあたりが原産地ではないかとの説も、無視できないものになっている。
  このニンニク、朝鮮半島へは古代に中国大陸を経由して伝わる。
  新大陸には16世紀、アメリカには18世紀後半になって知られるようになる。
キムチギャラリートップ会社概要プライバシーポリシーお支払方法について配達について初めての方へ特定商取引法に基づく表示お問合せ
Copyright(C) 2017 kimuchigallery All Rights Reserved.