電話番号
お電話でのご注文はこちら
1万円以上のお買い上げで 送料無料!
トウガラシの呼称
 
★トウガラシの文化★
トウガラシの呼称
(鄭 大聲:滋賀県立大学教授)
現在呼びならわされているコチュである。
南蛮椒(ナムマンチョ)、番椒(ボンチョ)、倭芥子(ウェギョジャ)と呼ばれた「毒」のあるトウガラシがどうしてコチュになったのか。
〜〜韓国の呼称コチュは漢字の苦椒からの変化〜〜
ニンニク 漢字の「苦椒(コチョ)」という表記が訛ったものである。
日本では「苦」を「苦い」とするが、当時の朝鮮の辞典を見てみよう。
16世紀初の『訓蒙字会』によれば、「火のついたような刺激の味の苦(コ)」と解説されており、燃え上がるような辛さの椒という意味で「苦椒」に落ち着いたようである。
コチョがコチュへと変わったとされる。
また苦椒は苦草ともされた。椒と草は発音が同じであること、トウガラシも草であることから、もっともな表現ではある。
しかし、李朝の宮中宴会メニュー『進宴儀軌』(1800年代)には「苦椒」で統一されている。
キムチギャラリートップ会社概要プライバシーポリシーお支払方法について配達について初めての方へ特定商取引法に基づく表示お問合せ
Copyright(C) 2017 kimuchigallery All Rights Reserved.